お風呂でセルキャビ使うなら着圧ソックス履くのもあり!

セルキャビは入浴中にも使えます。お風呂に入りながらキャビテーションするなら着圧ソックスを履いて入ると一石二鳥でボディケアできます。
MENU

入浴中に着圧ソックス履いて半身浴+セルキャビ

半身浴がカラダにいいことや、ダイエット効果(代謝アップ)があることを知っている方は多いと思いますが、半身浴の効果をもっとアップさせる方法を教えます。

 

セルキャビを当てるだけでは、いまいち効果を実感できないという方は参考にしてください。

半身浴をしながら着圧ソックスを履く

お風呂でソックス?と思われるかもしれませんが、半身浴をしながら着圧ソックスを履くと、新陳代謝が良くなり、脚のむくみや疲れが一気にとれます。

 

普通の靴下ではあまり効果はありませんが、加圧の強いソックスを水圧と掛け合わせることで、通常時に履くよりも何倍の着圧効果を得ることができます。

 

その上で、お腹や腕などにセルキャビを当てることで、同時多発的にボディケアができます。

着圧ソックスとは?

着圧ソックスとは、圧力設計が通常の靴下よりも高くなっている靴下のことで、足首やふくらはぎに圧力を与えることで、脚に余分な水分(むくみの原因)を溜めないようにするためのストッキングです。

 

女性は特に、足のむくみに悩まされることが多いですが、着圧ソックスを履くことで、脚のむくみを防ぐことが可能です。

 

よく目にする着圧ソックスでは、モデルの菜々緒さんがCMに出ている「メディキュット」などがメジャー商品ですが、あれは実は着圧設計が少し弱いので、おすすめではありません。

 

お風呂で履くなら加圧設計が高めのものを使うとより効果的です。

入浴中に着圧ソックスを履くメリット

お風呂で靴下を履くと聞くと、少し抵抗があるかもしれませんが、一度やってみてください。病みつきになります。

 

その時は、必ず半身浴にしましょう。

 

半身浴のコツは、

  • 温度を38℃〜40℃にする
  • 心臓より少ししたまでお湯をためる
  • 入浴時間は15分以上

この3つを守ってください。

 

少しぬるめのお湯に長時間入ると体の芯からポカポカしてきて、汗がたくさん出てきます。

 

これがデトックスされている状態で、その状態で着圧ソックスを履いていると、脚のむくみも取れやすくなります。そして、空いている手を使い、セルキャビを腰回り、お腹、腕などに当ててみてください。

 

こうすれば、効率よくボディケアができますし、短時間でダイエット効果を実感することができます。

 

上半身をセルキャビできたら、最後に着圧ソックスを脱いで脚にセルキャビを当てます。

 

これで、ラジオ波やEMSの効果で、より脂肪燃焼効果をアップさせることが可能になります。

おすすめな着圧ソックスとは?

最後に、おすすめな着圧ソックスをご紹介します。

ビキャクイーン(BIKYAQUEEN)

色々試した中で一番、効果を実感できたのは、ビキャクイーンという着圧ソックスです。これは、歌手の倖田來未さんがプロデュースしているソックスで、自身も移動中やメイク中などに履いてレッグケアをしているそうです。

 

若い世代に人気の着圧ソックスで、着圧設計も市販のものよりも高く、理想的な設計になっています。

アミドボーテ

2位にランクインしているのが「アミドボーテ」という着圧ストッキングです。

 

こちらは、ソックスではなくストッキングなのでお風呂で履く時には伝線に注意してください。ソックスとは違い、太もも、お尻までカバーできるというメリットがあります。

 

モデルなどのプロも愛用していることでも信憑性の高い商品です。

メディキュット

3位はメディキュットです。ただ、使用してみた感じではそこまでおすすめではありません。

 

その他のものを使うよりはメディキュットの方がマシという考え方です。着圧ソックスは今はドラッグストアやスーパーでも買えますが、やはり量産された安いものは効果もたかが知れています。

 

その中でも、少しだけ良いと思えるのがメディキュットというだけですので、せっかくやるなら上位2つのどちらかを選択してほしいと思います。

 

ランキングを参考にしたサイトはこちら

 

セルキャビランキング

このページの先頭へ