セルキャビとキャビスパならどっちがおすすめ?

セルキャビとキャビスパならキャビスパの方が高機能でおすすめです。値段も変わらないので迷っているならキャビスパを選びましょう。
MENU

セルキャビとキャビスパを比較するとどっちが好評価なの?

キャビスパ

セルキャビやキャビスパなどの家庭用キャビテーションは、継続して使うことでダイエット効果やむくみの改善効果が期待できます。

 

人それぞれ体質やむだ肉の付き具合は異なるため、効果を実感できる期間については2週間程度〜数ヶ月までと幅があります。

 

セルキャビとキャビスパの違い

家庭用キャビテーションマシンであるセルキャビとキャビスパ。

 

価格も機能もほとんど変わらず、製品のデザインもほとんど同じという両者の決定的な違いは、「顔に使えるかどうか」ということです。

 

キャビスパは体のみと決められていますが、セルキャビはフェイスライン、あごやほほなど顔の気になる部分にも使えるので、小顔効果や顔のむだ肉の撃退に役立ちます。

 

キャビスパはセルキャビと違い顔に使うことはできません。

 

ですが、独自の「RF深層温熱美容」機能を搭載しておりラジオ波の高い周波数で肌の角質層までしっかり温め、従来のヒーターやラジオ波美容器と比べ広く深い範囲までじんわりと熱を浸透させることが可能。

 

この新技術によって、超音波によるキャビテーション効果をさらに高め、デコボコしたお肉にもしっかりアプローチ。

 

キャビスパお腹

 

2〜3日に1回程度で気になる部分が引き締まったという声も多く、冷え性の人や体温が低めの方にも効果的とのこと。独自の深層温熱美容効果が確実に表れているようです。

 

「短期間でダイエットに成功した」「痩せても簡単にリバウンドしない」など、使用後1ヶ月くらいで脂肪の減りや体が軽くなったという声も聞かれました。

 

キャビテーションの活用

セルキャビやキャビスパなどはエステに行かずにエステと同様のキャビテーションが体験できるアイテム。

 

自宅でお風呂上がりや寝る前のマッサージに使う方が多いと思いますが、実は有酸素運動との相性も抜群なんです。

 

ウォーキングやジョギングなどの前、あるいはスポーツや家事の前にキャビスパなどを使って、筋肉をほぐし体を軽く温めておきます。あらかじめ血行が上がった状態に整えてくれるので、脂肪燃焼効果が期待できるというわけですね。

 

セルライトなどなかなか落ちない体の中の脂肪に関しても、お風呂上がりまたは入浴中にキャビテーションを使うことで、代謝と脂肪燃焼効果がさらにアップ。リンパマッサージなどと組み合わせればさらに効果が出ます。

 

キャビスパお腹

 

セルキャビはフェイスラインにも使えるので、小顔効果を狙う方は顔を重点的にケアしていくと良いでしょう。セルライトががっつりと体についている&冷え性という組み合わせの方は、キャビスパの深層温熱美容効果が相性◎。

 

まず、冷えきった皮膚の深層部分を温め、ほぐし、代謝がしやすい状態に整えていくことから始めましょう。

 

セルキャビとキャビスパの比較

どちらの製品がいいのか分からないという声もありますが、顔に使いたいのか、肌の奥まで温めたいのか…など目的に合わせて選びましょう。

 

使い方も期間も人によってさまざまですから、最終的に目指している効果がしっかり得られる製品をチョイスしましょう。

 

セルキャビランキング


このページの先頭へ